PayPayに加盟しているお店が複合的なバーコード決済にするときの注意事項とは?

昨年、日本はキャッシュレス元年と呼ばれていましたが、
今も尚その余波と主導権争いは続いています。

今日もまた新しい問合せがきました。
「PayPayを今使ってて、新しいPayを追加したいけど、どう思う?」
ざっくりした質問ですが、これよくあるんです。

今や〇〇Payばかり存在してお店も沢山のQRコードを用意していますね。
はい。お店のスタッフはまだ業務フローに慣れれば良いかと思いますが、
それを統括する総務経理は売掛金から様々なPayからの入金。
まあ中小企業では少人数のためこれは一苦労なんですよね。
心の声「1つの入金先と1つの管理コンソールにしてくれ〜」
こんな声が言わずともよく商談では感じることが多いので、こちらから総務経理に伝えると、
うんうんと首を縦に振ってくれます。

本題です。現在PayPayが業界をリードしているように思えますが、
やはり気になるのは利便性と言われるお客様が多いです。
※決済手数料よりか経理業務の負担増の見えない費用
PayPayの場合は、クレジットカードの加盟店手数料に相当する決済システム利用料が2021年9月30日まで無料となっています。
基本料のような月額固定費も不要で、銀行口座への入金手数料も無料(※1)。
そのため、PayPayは現金決済と同様にランニングコストがかからず安心です。
※1:ジャパンネット銀行の場合のみ永年無料。その他金融機関の場合は2020年6月30日まで無料。
以降、入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生。
公式HPの内容なので確かだと思います。

今、ドコモなどで取り次いでいる商品でリクルートが運営しているAirPayは
1つのQRコードで複数のPayが利用できます。

こんな感じで複数のPayが1つのQRコードで利用できて、管理するコンソールも1つです。

冒頭の質問に戻ってしまいますが、
このAirPayでPayPayを使うには、今使用しているお店のPayPayを解約して
AirPayで新たに申し込むと利用ができる。

AirPayに現在のPayPayを紐づける訳ではないことが注意点です。
※2021年9月30日までは決済手数料が無料のため、PayPayのみ専用QRで読み込んでもらい、
その他のPayはAirPayで決済し、手数料が有料になったところで1つに統一する方法も手段かもしれませんね。

まだまだキャッシュレスの市場のシェアの戦いは続きますが、
ポイントは貰える時にもらっておきましょう。

個人的にPayPayモール+Yahooプレミア会員+YJカードの還元率が
最高だったので復活してくれないかと心から願ってます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

3流の医療系の4年生大学を卒業
IT関係のベンチャー企業で通信業界、コンサル業務に携わる。
業界についてや、通信業務について問題ない範囲で記載ができたらと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる