【2020年最新】ドコモ端末のネットワーク利用制限を○にする方法

最近は携帯電話を購入すると下取りとか色々勧められますよね。

でも困るんです。データが移ってないんです。ある程度移っていても
後から欲しかったデータが出てくることも多くその場でショップに初期化して引き渡すのは無理です。

個人売買ならメルカリやラクマ、買取ならゲオやセカンドストリートなど
中古の携帯電話の市場は以前に比べて勢いがよくなっているような気がします。


ただ、買い取る際によく言われるのが、
「ネットワーク利用制限が△だと減額になります。もしくは買い取れません。」
まあ無理もありません。分割の支払いがない場合はネットワーク利用制限が×になってしまうことも。。

赤ロム保証・・・赤ロム保証を実施している店舗の1つであるゲオモバイルでは、ゲオモバイル各店で購入した中古端末に、もしも赤ロム状態(通信の利用制限)が生じた場合には交換もしくは返金に応じるとしています。赤ロム保証は無料で自動的に加入でき、保証期限は無期限とのこと。購入した店頭にレシートと販売証明書を持参すれば、交換・返金対応してくれます。

購入するときはそういったポイントを見るのも良いかと思います。

今回は、ドコモで契約している端末のネットワーク利用制限を○に変える方法を書きます。

前提条件:分割金の支払いが終了していること
今はこれが絶対必須なので、支払いの完了は必ず済ませておいてください。

事前確認サイト:http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

問合せ電話番号:0570-033-074
※ナビダイヤルなので通話料金に注意してください。
受付時間:10:00〜17:30

個人名義の場合の準備事項
・機種製造番号又はIMEI
・購入時の電話番号
・電話番号の名義の方のお名前
・電話番号の名義の方の住所

法人名義の場合の準備事項
・機種製造番号又はIMEI
・購入時の電話番号
・電話番号の名義の法人のお名前
・法人にお勤めの方のお名前と部署
・法人の契約者住所

この情報を元にオペレーターと会話をし手続きは完了です。
早いと10分ぐらいで○になっています。

ぜひ下取りや中古販売の前にはやってみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

3流の医療系の4年生大学を卒業
IT関係のベンチャー企業で通信業界、コンサル業務に携わる。
業界についてや、通信業務について問題ない範囲で記載ができたらと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる